自営業者がカードローンを利用するときには

キャッシングベスト3

自営業でもモビットの審査には通りますか?審査に通るには?

モビットの審査は自営業でも通るのでしょうか?ちょっと今仕事の調子が悪く、カードローンなどで借り入れを考えています。その中の一つとしてモビットのカードローンが候補に挙がっているのですが、自営業であまり好調とは言えない状況でお金が借りれるのか不安を感じています。

もちろん、モビットに限らずほかのところでも良いのですが、モビットも含めて自営業でもお金を借りることができるのか教えてください。もし、自営業でモビットからお金を借りる場合の注意点などありましたら教えていただきたいです。

モビットは自営業でもお金を借りることができますよ!

自営業でお金を借りるとなると不安に感じることもあるかもしれませんね。私も自営業ですが、結論から申し上げるとモビットでも他のカードローンでもお金を借りることは可能です。ただ、書類などについては会社員の皆さんと異なる書類を提出する必要がある場合もありますので、その点は注意が必要になるかもしれませんよ。

まず、会社員の皆さんと大きく違う点としては在籍確認が事実上ありません。特に個人事業主となると勤務先は自宅になることがほとんどでしょうから、勤務先への在籍確認はつまり自宅への連絡ということになります。自宅の電話番号や個人の携帯電話が勤務先ということもあるでしょう。まずはこの点が会社員の人とは違う部分の一つになります。(こちらもご参考にどうぞ→固定電話がないとモビットには申込みができない?

そして、収入の証明に関しても違いがあります。会社員であれば通常は年末に会社から渡される源泉徴収票が収入の証明になると思います。しかし、個人事業主の場合には源泉徴収票はありません。替わりに課税証明書や確定申告書類が収入の証明書ということになります。中には収入の証明書が必要ない借り入れもありますが、事実上営業しているかどうかわかりにくい個人事業主などは、個別にこのような収入を証明する書類を提出する必要が生じることもあります。

いずれにしても、自営業だからと門前払いをされるようなことはありません。カードローンを提供する側としては、貸し付けてその金利が欲しいのは紛れもない事実でしょう。そしてそのためには返済ができる可能性があるのであれば、たとえ自営業者でも貸し付けを行いたいのです。別途書類が必要になったり、事情を確認されたりすることはあったとしても、その要望に対して的確に情報を提出していればカードローンの利用は可能なのです。

自営業者がカードローンを借りる時の注意点は、事業で使うお金を調達するのか、個人のお金を調達するのかを明確にしておくことでしょう。事業に使うかもしれないし、個人の生活費に充てるかもしれないようなお金を借りることはできません。そしてもう一つ、求められた書類や情報は確実に相手に渡すことです。それさえできていれば、そのお金が事業用のお金でも、カードローンによる個人の借り入れでも、過去に滞納などがない限りは借り入れが可能な場合がほどんどなのです。

モビット自営業審査時の重要なポイントとは

モビット自営業審査はいったいどうなっているのでしょうか。結論から言うと、モビットでは自営業者でも問題なく融資の申し込みはできるのでキャッシングやカードローンとして一つの選択股にしてみてはいかがでしょうか。モビットならWEB完結サービスが好評で、いつでもどんな時でも申し込みすることが出来ます。自営業者の場合には、運転資金が足りなくなってしまうことが多々あります。そして銀行からお金を借り入れしている方も多いと思いますが、新たな融資の増額となると銀行の場合には資金計画書などの作成も必須でお金を入金してくれるまでにかなりの時間がかかることは間違いありません。

そこで登場するのがこのモビットです。ただ勘違いしてほしくないのは、自営業者でも審査は大丈夫とはいっても安定した収入が見込める場合しかお金を借り入れすることは出来ません。これは銀行でもモビットでも同じことです。そしてお申込みの際には収入証明書が必要になりますので、しっかりと用意しておきましょう。そうすればスムーズに借り入れすることが可能です。自営業の方であれば年1回は確定申告を行なっていると思いますので、確定申告書のコピーを用意すると良いでしょう。モビットは自営業者にとっては比較的審査が緩いと言われています。

他社で審査に落とされたという方も少なくないと思いますが、そんな方でも諦める必要はありません。一度モビットでも融資の申し込みをすることをお勧めします。審査にパスできなかったらどうしようなんて考えていても行動に移さなければなにも始まりません。どうしてもご心配の方は、モビットならフリーダイヤルで相談することも出来ますので活用してみましょう。ただ、ここで大切なことは決して虚偽の情報を伝えてはいけません。信用状況に自信がない方ほどこのような傾向がありますが、虚偽の報告をしても必ずバレてしまいますので、はじめから誠実に正直に伝えることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.