私は学生ですがモビットで借入はいくらまで?

大学生になってからカードローンについても知るようになりました。また、アルバイトをしている学生さんであれば可能ですよ・・・というモビットなどでは、学生の場合はいくらまで?というのが疑問になっています。

20万円未満で1万円単位で借りているよ

大学生としてアルバイトをしながらでローン返済をしているものです。自分の場合は、モビットについては2つ目のカードローンとして利用するようになりました。ですが、あんまり高い金額では貸してもらえないようになっているので注意しよう。広告などでは50万円以上も可となっているカードローン業者があるけれど、実際は貸す際にきつい金利についても押し付けてくる悪徳業者だったりするので怖い目にあうこともあったりする。(こちらもご参考に→利息制限法で見るとモビットの金利は安い?

このようなサービスについては、広告などで090番号の金融に多いとされているので注意してね。また、モビットだけで借りる場合については5万円と言った比較的小さな金額からでも借りられるようになっている。また、小さな金額であってもしっかりと返済をされている場合には、モビットの方で増額をしてくれるようになっているので、自分もその対応のお陰で今では20万円以上で借りられたりしている。

最初は20万円以上借りられると思っていたけど、それは昔のカードローンの話なのを後に知ったので併せて教えておこうと思う。また、20万円以上で借りたいという場合には中小の消費者金融を利用してみるのも1つの手段。銀行系で借りようとしてもカードローンについては、消費者金融と同じとなっているのでそこまで大きくは借りられなかったりする。基本的に、大手の消費者金融と銀行は同程度の金額でしか貸してくれないよ。

モビットでのキャッシングは学生はいくらまで?か

モビットは学生でもキャッシングサービスを利用することが出来ます。その際、疑問に思うのは、借りられるのはいくらまで?かと何故借りられるのか?だと思います。学生がいくらまで借りられるかは、保証人をどう設定するか、と、アルバイトなどで収入があるかによります。保証人が親等の場合は、親の借入状況や収入がチェックされて決まります。大体は10万円から30万円ほどが相場のようですが、親の収入等の状況によっては最初からもっと高額の場合もあるようです。また、アルバイトなどで収入がある場合は親の保証を考慮せず、所得のみで検討されることもあり、その場合は、法律で定められている所得の3分の1を超えないように設定されます。

学生だから一律で借りられるのはいくらまで?という設定にはなっていないようです。学生でも審査は一般人と同様に行われますが、学生の場合は他からの借り入れがないと思われがちですが、奨学金を借りている場合は注意が必要です。奨学金も借金として情報管理会社に登録されています。通常はキャッシングなどとは別に考えられますが、会社によっては奨学金も一般の借り入れとして判断されることもあるようです。キャッシングサービスをどうしても利用したい場合には、学業に影響しない範囲でアルバイト・パートでの収入を確保することをオススメします。

数万円でも年収にすれば高額になることもあります。税金対策で控除になる金額まで働く場合もありますが、学業に影響のない範囲であればどんどん稼いで、収入の面で社会的に認められることをオススメします。キャッシングやローンは収入を第1に考慮されますので、収入はあるに越したことはありません。キャッシングは生活に余裕を持たしてくれるサービスですが、自己の収入や保証人が必要ですが、学業を効率よく進めるために現金が必要な時もありますし、緊急時の財布としても利用できますので、是非申し込むことをオススメします。
(⇒モビットを選ぶか学生ローンを選ぶか迷っている方はこちらへ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.