モビットで申込む時の借りいれ理由が想像以上に大切なワケ

今までに他社のキャッシングを利用したことはあるんですけど、今回はモビットで申込もうと思っています。他社の返済も今年中に終わりそうですし、完済は絶対できると思うんで。ただ、モビットでの借りいれ理由は今後のキャッシング生活に影響があると聞いたので、どんな理由ならモビットで借入するのがOKだと思いますか?

借りいれ理由は何でも良いのですが…

確かに無鉄砲にキャッシングすることはオススメしません。しかし、モビットでキャッシングする一つのメリットは、事業のため以外だったら何にでも使えるという使途無制限のフリーキャッシングです。率直に言って、借りいれ理由は何でも良いんですよ。ただし、借りいれ理由によって返済を行なう大きな推進力になりますから、なぜお金を借りたいのかを明確にしておくのは大切です。

例えばですが、お金を借りる理由が「手元に現金が欲しい」という理由だとしましょう。この理由はとても曖昧で目的が不透明ですよね。お金を何に使いたいのか分からないと、お金を借りたことさえ忘れることがあります。そうなると返済する動機づけがなくなってしまうのが人間というもの。だから、曖昧な理由にはリスクが潜んでいるんです。

逆に、「旅行に行くための10万円」だったとすると如何でしょうか?10万円を借りた明確な目的があるわけで、10万円を有意義に使い且つ返済する動機も湧いてくるというものです。「10万円あったから旅行が楽しかった。感謝の気持ちを込めて返済しよう」と、こうなるのが人間なんですよね。旅行に限らず明確な目的があってお金があると、有意義に使えば使うほど返済の動機づけとなるのです。

だから、モビットだけでなくどのキャッシング会社で借りるとしても、借りいれ理由をより明確にすることをおすすめします。もちろん、モビットは総量規制の対象で、年収の1/3以上を借入することはできません。法律に基づく範囲内でお金を借りいれ、且つ明確な目的をもってお金を使うことにしましょう。

【参考ページはこちら】
モビットとレイク、借り入れするならどのカードローンがいい?

モビットの借りいれ理由は何でもかまわない

モビットの借りいれ理由は、何であってもかまいません。基本的に、モビットのような消費者金融はショッピングや自身の遊びのためにお金を使っても全く問題ないようになっているのです。消費者金融のサービスは使いやすいことを念頭においてサービスが提供されていますので、借りたお金をどのように利用するか本人の自由なのです。実際、カードローンなどのサービスは勝手にATMを使ってお金を引き落とすことができます。大切なのは、これからお金を借りようとしている人が融資の条件を満たしているのかの一点なのです。融資の条件を満たしていればどのような人であってもお金を借りることができます。(こちらもご参考に→さすがに無職の人はモビットで借り入れできない?)では、具体的にモビットでお金を借りるときにはどのような点が参考にされるのでしょうか。実は、非常に簡単な方法で信用性があるかどうかを確認しているのです。

金融機関は、これからお金を借りる人の借金の情報を確認することができる立場にあります。そして、この消費者の借金の情報のことを信用情報というのです。この情報を見ると、ほかの金融機関からどの程度の借金をしているのかがわかるようになりますので、消費者が嘘の情報を報告したとしてもすぐにわかるようになっているわけです。だからこそ、借りいれ理由などはなんでもかまわないのです。

金融機関は信用情報を利用することで、相手の信用性を高い確率で判断することができます。信用情報は信用情報を管理する専門の機関に対して照会を依頼することによって、全国どこの金融機関であっても確認することができます。信用情報には、融資の申請をしている人が債務整理をしているかどうかなどの情報も記載されているので、非常に高い信用性を担保できるのです。このように、消費者金融というのは消費者に対してお金を貸すとき、非常に綿密な信用性の確認を行っています。その情報に基づいてお金を貸すことになるわけですから、消費者金融はお金を借りている消費者はきちんとお金を返済してくれる人間だと判断してくれているのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.