総量規制のあるモビットの再借り入れは?

キャッシングベスト3

総量規制のあるモビットで再借り入れをする方法とは?

消費者金融で一番有名だと私が思うのはモビットですが、このモビットを使う時に気をつけておきたいのは総量規制でしょう。消費者金融全般に言えることですが、総量規制には気をつけて置かないといけません。さてそんなモビットで再借り入れをするときにはなにか気をつけなければならないことなどがあるのでしょうか?

モビットで再借り入れをするときにはいったいどうすればいいのでしょうか?何かいい方法ややり方などがあるのでしょうか?

モビットで再借り入れをするならそのまま借りても大丈夫

再借り入れという言葉がどういうものかがわかりにくいかと思いますが、再借り入れというのは質問者が言うにはおそらく借入を再開するということだと思います。今まで使っていたような借入をまた行うということだと思いますが、この時にモビットでは普通にローンカードを使ったり電話などで借入をすれば問題はないでしょう。

ただ気をつけておきたいのはおっしゃるように総量規制があるということです。総量規制があるということは再借り入れをするときの年収や職業が変わっている時には、もう一度審査がある可能性があります。もちろんブラックになっていたり、返済が遅延したことがあるなどでなければ審査に落ちるということはありませんが、借入枠などが変わることになるかと思います。
(⇒モビットならブラックでも申込みOK?

総量規制のことさえ気をつけておけば、基本的に再借り入れをするのはモビットでは特に何かをしなければならないということはありません。普通にローンカードをATMで使えばいいですし、ATMではなくネットローンというのであれば、ネットローンを専用ページで使えばいいのです。そうすれば十分前と同じように使うことが出来るでしょう。

モビットを解約してしまうという人も多いようですが、使わなくなったからといって解約をしてしまうのはちょっともったいないところもあります。なぜならこのように再借り入れをしようと考えている人もいるわけで、また人生の何処かで借り入れが必要になることもあるでしょうから。だから口座は置いたままにしておいて、いざというときにこうして再借り入れするのも1つの方法です。

モビットで再借り入れをするときには総量規制を理解する

モビットで再借り入れをするときには、総量規制を理解してから行わなくてはいけません。モビットだけではなく、全ての金融機関がこの総量規制を基準に融資を行っていますので、この規制の範囲内でないとお金を借りることができないわけです。この規制の範囲内ならば複数の会社からお金を借りることも現実的に可能ですので、まずはどのような法律でキャッシングが成り立っているのかを理解しなくてはいけません。

総量規制というのは、融資の契約に関して消費者と消費者金融の両方を法律的に保障するためのものです。消費者が借りやすいサービスを利用すると、必要以上にそのサービスを利用しすぎてしまう傾向にあります。そのため、こうした融資のサービスをむやみに利用しすぎないように法律によって制限を設けているのです。こうすることで安全な融資のサービスを締結できます。

また、金融機関の立場から考えれば必要以上に消費者に対してお金を貸すことがなくなりますので、金融機関のリスクも減少することになります。金融機関にとってもっとも最悪な状況というのは貸したお金が手元に返ってこなくなってしまったときです。その場合、不良債権としてリスクを全て肩代わりしなくてはいけなくなります。これではまともな経営ができません。

そこで、法律によって総量規制という規制を設けることによってより安全に融資の契約を締結できるようにしたので、総量規制があれば絶対に消費者の年収を超える融資を行うことができなくなりますので、借金を返済することができなくなるという事態を回避することができるようになります。健全な融資を行うことができるわけです。

モビットでもこれは同じで、再借り入れの申請をしたとしてもその範囲が規制の範囲内ならば融資に関して何の問題も発生しません。お金を借りたり貸したりすることにリスクが生じないからです。ですので、お金を借りるときには常にこの規制のことを念頭において考えなくてはいけないのです。

【参考ページはこちら】
口コミサイトで見た「モビットは審査が厳しい」の真相は

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.