モビットの借入額は年収によって変わる?

キャッシングベスト3

年収によって借入額は変わるだろうが、モビットはどうか?

借入額の大きさというのはどういったことで決まるのでしょうか?私が聞いた話だと、年収が高い人ほどたくさん借り入れができるというように聞いています。そこでモビットを使った場合には年収によって借入額はどの程度まで変わるのでしょうか。年収が極端に低い人でも借入額を設定してもらえるのでしょうか。また高い人だとどの程度まで借り入れ出来るのでしょうか。

大きく年収額によって変わるが上限は総量規制がある

モビットでも消費者金融でも、他の銀行系カードローンでもそうですけれども、年収によって借入額というのは大きく変わるというのはその通りです。たしかにそのとおりではありますが、だからといって上限がないというわけでもありませんし、下限がないわけではありません。ちゃんとそれらは法律やルールに基づいて決められています。

例えばモビットの場合生活できるぎりぎりの年収くらいであれば、まず間違いなく借り入れをすることはできます。ただし借入額はかなり少なく、場合によっては10万円程度の時もあるでしょう。全く借り入れできない時に比べると明らかに良いと思います。たいていパート・アルバイトの人でも借りていると言われています。

また上限で言えばモビットの場合は300万円程度となっています。これは交渉次第では上がるという噂もありますが、このくらいの限度額であると思っておいたほうがいいでしょう。また300万円程度の限度額を借り入れすることがだれでも出来るか?というとそうではなく、借り入れをしたいのであれば年収がその3倍はないといけないでしょう。総量規制によって決まっているのです。

総量規制の問題もあるので限度額は年収が上がれば増えるのは増えますが、3分の1までしか借り入れができないということは覚えておきましょう。またモビットの場合、年収が上がっても上限金額が決まっているので、いくらでも借りられるというわけではありません。1000万円や2000万円などの大金を借りたいなら、銀行から借りることになるでしょう。

以上のようにモビットでは年収が上がるとある程度までルールに基づいて限度額が上がっていくというわけです。(こちらも参考にしてください→モビットカードローンの増額をするためには年収が上がらないとダメ?

モビットのカードローン審査で重視される年収と他社借入額

インターネットを中心としたサービスを提供しているモビットの個人向けのカードローンは、事業性資金以外での利用が認められているフリーロンです。1万円という少額から受け付けており、生活費やレジャーのためのお金が少し不足した時にも利用できます。20歳から65歳までの安定した収入がある人というのが申し込み条件となっており、パートや自営業者でも利用できる内容です。(こちらもご参考にどうぞ→自営業者でもモビットカードローンの審査には通れる?

インターネットからの申し込みは、24時間対応しています。平日の19時までに申し込んだ場合は、30分という短時間で審査結果が判明します。申し込みの際に必要となるのは、運転免許証の写し1点だけです。運転免許証が交付されていない人は、健康保険証かパスポートの写しを準備すれば審査に申し込む事が出来ます。担保や保証人は必要がありません。申し込みフォームに、氏名、年齢、希望額、利用目的、年収、他社借入、自宅と勤務先の住所と電話番号等の必要事項を入力して送信するだけというシンプルな内容であり、短い時間で作業を完了させる事が出来ます。審査結果は、電話又はメールで報告されます。

モビットの審査で重視されるのは、年収と他社借入です。モビットのカードローンは、総量規制という貸金業者に対しての規則の対象となっています。このために、借入額は年収の3分の1までに制限されています。年収の3分の1というのは、1社だけではなく借入総額全体に対してであるので、他の業者からの借入額が3分の1に達している様な場合は、新規の借入を行う事は出来なくなっています。

モビットの利用上のルールは、毎月の指定日に一定の金額を返済するという事です。年収と他社借入から返済能力の有無が判定されます。返済能力があると判定された場合は、カードローンを利用出来るようになります。利用額もまた、返済能力により決定されます。利用額は最高で500万円となっており、長期的な利用にも対応する事が出来る内容です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.