アコムやモビットなどの大手は違いがある?

キャッシングベスト3

有名なアコムとモビット、どういう違いがあるの?

有名な消費者金融であるアコム、そしてもう一つがモビットがありますけれども、この2つを比較してみても大した違いというのがよくわかりません。大手の消費者金融に共通するといえばするのですが、あまりにも違いがないように思うのです。

どちらがいいか、自分に合っているかというのはどうやって考えればいいのでしょうか。あまりにもモビットを使うにしてもアコムを使うにしても、良さがわからないので結局「どちらでもいい」と思ってしまうのですが…

大手の消費者金融を使うならまずは借入条件のチェックから

確かにアコムやモビットなどの大手業者というのは一般的に見た目はかなり横並びであるのは間違いないでしょう。広告やインターネットの口コミなんかを見ていても、ほとんど変わらないと感じるのは当然です。なぜならまずは借入条件のチェックをしてみればわかりますが、やはり感じているとおりで金利など、すべての面において近いのです。

ただしここからはちゃんと考えておかないと損をする事になるのですが、実は消費者金融の大手はよくキャンペーンなどを行っています。例えば借入をする時に金利を安くするであるとか、初めての人には無利息にするなどです。モビットやアコムなどもこういったキャンペーンを行っている時があるのです。

つまりこれらの有利に借り入れをすることが出来るキャンペーンがあるかどうか、これをしっかりと見てから借入の申込をする業者を決めるようにするのです。そうすればアコムとモビットは違いがないように見えますが、キャンペーン期間に申し込みをするなどすれば、大幅に有利な条件を使えるのです。

これがあまり知られていないことですけれども、キャンペーンというのはランダムに、いつ行われるかわからないから必ずチェックをしておきましょう。中小の業者でもたまにありますがそこまで見ていると時間が足りないと思いますので、まずはアコムやモビットなどの大手から調べておくといいでしょう。初めて申し込みを違いがわからない大手の消費者金融にするなら、この方法がおすすめなのです。

アコムとモビットのカードローンにおける違い

消費者金融には色々な業者がありますが、最大手と言われている業者が三菱UFJフィナンシャルグループに属しているアコムです。同じように、銀行系の消費者金融に三井住友銀行グループに属しているモビットがあります。モビットはまだ新しい会社だけに貸付の規模からいうと、アコムの4分の1程度に過ぎません。両者の間で規模は大幅に違っても、カードローンにおけるサービスの内容にそれほどの違いはありません。少額の借入に対する金利は18%で同じですし、利用限度額も共に500万円です。申込方法もインターネットや自動契約機、電話、郵送と変わりがありません。そして、両者ともインターネットから申込んで即日の内に借入金を銀行口座に振り込んでもらったり、自動契約機からカードを発行してもらいその日の内にATMからお金を借り入れたりする即日融資が可能になっています。
  
ただ、返済方法に関しては、モビットの場合は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座が無いと、口座引き落としができません。また、インターネットを利用した返済にも対応していません。その点、アコムの方が便利になっており、どこの銀行でも口座引き落としができますし、インターネット返済も可能になっています。また、契約後の借入においては、両者とも14時頃までに手続きを終えれば即日の内に銀行口座に借入金を振り込んでもらえますが、アコムの場合は振込口座に楽天銀行を指定すると、何曜日の何時に申込んでも即時に借入金を振り込んでもらえるサービスがあります。
  
そして、両者の決定的な違いは、アコムはマスターカードと提携しているため、ローンカードはキャッシングだけではなくクレジットにも利用できることです。一方、モビットの特徴は実店舗を持っていないことがあります。それと、「WEB完結」というインターネット上での取引専用のシステムがあります。WEB完結の申込はすべてインターネット上で行うため電話による申込確認が無ければ、電話による勤務先への在籍確認も行いません。さらに、ローンカードを発行しないため、借入はホームページからの申込による銀行口座への振込キャッシングのみで、返済は所定の口座からの引き落としだけになっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.