モビットとプロミスで違いのようなものは

キャッシングベスト3

モビットとプロミスについて違いのようなものはあるのかな

消費者金融はどこも同じと思っているのですが、モビットとプロミスと言った大手の消費者金融では違いのようなものがあるのでしょうか?なければ無いと答えて頂いて結構です。

モビットとプロミスの違いはカードローンの仕組みにあります

まず、モビットのほうがカードローンの仕組みについては複雑となっています。金利や借りられる金額については、大きな差がありませんのでカードローンをどのようにして利用したいのかで、どちらを選ぶのかが決まってきます。例えば、モビットについては借りる際の審査が簡素になっていますので、誰もが簡単に審査までは終えられることでしょう。

プロミスについては従来の店舗型で審査についてもされておりますので、店舗まで足を運ぶのが面倒という場合には差を感じるかと思います。近年では、プロミスでもネットからで審査が行えるようになっていますが、このようなサービスについてはモビットが先に展開していたものなので、ネットからの審査についても安心感ではモビットのほうが上です。

プロミスの魅力については、アルバイトなどの低収入であっても借りられる点です。昔から、借りる相手に対してこだわりがないカードローン業者でもあるので、誰もが安心して審査を受けられるようになっているのはプロミスの魅力でしょう。バレないでスムーズに審査をしたいのであればモビット。逆に審査だけではなく借りられることに重点をおくのであればプロミスで契約をされるのが理想となります。

【参考ページはこちら】
モビットの審査に落ちた場合、プロミスで借り入れはできる?

モビットとプロミスには深い関係があります

モビットは、現在は三井住友銀行グループの消費者金融として営業をしていますが、以前は三菱東京UFJ銀行グループとして営業をしていました。(こちらもご参考に→モビットは三井住友グループ?三菱東京UFJ銀行グループ?)この変遷については複雑な経緯があり、金融業界の再編が大きく影響しています。消費者金融を銀行が子会社化するという事例はいくつもありましたが、すべてがスムーズに行われたわけではありません。いろいろな試行錯誤を経て現在の形になったのです。

モビットは、もともとは三和銀行とプロミス、そしてアプラスが出資したことによって設立されました。共同出資という形で消費者金融が作られたのです。三和銀行は、関西に地盤を置く銀行で、名古屋に地盤を置く東海銀行と合併してUFJ銀行となり、さらに東京三菱銀行と合併をして、現在では三菱東京UFJ銀行となります。アプラスが撤退した後に、三井住友銀行がプロミスの株式を取得し、持分法適用関連会社とします。消費者金融の子会社を持たない三井住友銀行が、プロミスを買収しにかかったのです。その結果、モビットは間接的に 三井住友銀行の資本となったのです。

しばらくはこの状況が続き、三井住友銀行系列と、三菱東京UFJ銀行系列とで、ほぼ半分ずつの資本を持つことになります。この時点では、看板には「東京三菱UFJ銀行グループ」と表記されていました。その後は、モビットの保証事業は三菱東京UFJ銀行に譲渡されるとともに、プロミスが全株式を取得して完全子会社となります。この時点で、モビットは三井住友銀行系列の消費者金融となり、看板にも「三井住友銀行グループ」と表記されることになります。三菱東京UFJ銀行グループとしては、すでにアコムを子会社化して、自行のカードローンのサービスや、あるいは系列銀行のカードローンの保証会社として利用していますから、看板は必要なく、逆に三井住友銀行グループは看板を必要としていたために、双方の利害が一致して現在の状況が生まれたと言えるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.