仮審査と本審査では結果が違うの?モビットのカードローン

現在フリーターをしています。モビットでの借り入れを考えているのですが、仮審査と本審査があると聞きました。仮審査と本審査は何が違うのでしょうか?仮審査に通っても本審査で落ちることはあるのでしょうか?

モビットの仮審査と本審査

モビットの仮審査は10秒診断のことだと思うのですが、これはモビット会員の入会手続きのようなものと考えておいた方がいいでしょう。仮審査に通れば大抵借り入れはできますが、絶対ではありません。最低限の情報を事前にモビットに登録することで本審査をスムーズに行うためのものだと思って下さい。仮審査で落とされることはよっぽどでなければないでしょう。
(⇒モビットで仮審査をすると信用情報に記録されるの?

本審査は必要事項を詳細に提出し、それによって借り入れの上限が決定されます。本審査は貸し付けることが前提の金額を決めるところだと思っていてもいいと思います。あとは、記入した情報が嘘じゃないかの調査なども行われます。仮審査で稀に嘘を記入する人もいるようです。

調査は勤め先に本当に務めているかの連絡をします。その時、会社の名前で連絡するのではなく担当者などの個人の名前でかけるので会社にばれたくない人でもそんなに不安になる必要なないと思います。その他に他社で借り入れを行っていないか。過去に金融事故を起こしていないかなどの調査をします。

それが終わると年収から見てどれくらいの返済能力があるかを査定し、借り入れ金額が決定します。あくまで会社側が返せると判断した金額を提示するので、希望の金額を借り入れられるかはわかりません。

モビットでのキャッシングの仮審査の結果について

モビットなど大手の消費者金融では、審査途中に仮審査結果として審査結果を開示することがあります。この結果があるから必ず借りられるということではないのですが、たいていは契約になるようです。仮審査はもともと正式な審査の前にコンピュータなどを使っての審査を行うことです。クレジットカードでの与信枠の確認と似ていて、審査が通るなら本審査を受ける、物を買うという場合に利用されています。しかし、審査的には本審査と変わらず厳しい審査なので仮審査での結果はほぼそのまま通ると思っていいようです。そのため、仮審査とはいえ、審査に落ちた場合には、本審査でも落ちるので原因を修正して再度申込むなどが必要です。

仮審査はモビットに限らず行われることが多くなっていますが、、審査内容としては、他からの借り入れ以外はほぼ本審査と変わらないようです。他からの借入については、情報収集に時間がかかる場合もあり、仮では審査に利用されないこともあるようです。そのため、審査時に他からの借入状況を少なめに申告した場合には、本審査で落ちることもあります。
仮で落ちた場合は、収入と他からの借入状況についてチェックが必要です。収入については、総収入に対しての消費者金融からの借入が三分の一以下にしなくてはいけない法律があるため、それを超える借入がある場合は審査自体が厳しですので、おまとめローンなどで借入をまとめるなり、返済をするなりする必要があります。

次に重要なのが他からの借入状況です。借入額も重要ですが、借入件数も重要です。借入額が少なくとも、借入件数が多すぎると判断されれば審査が通らないことになります。どの程度の件数なら問題ないかについては、各社で違いますが、収入に占める返済額が生活に支障が出るレベルであると判断されるような件数では審査が通らないことが多いようです。仮で行う審査は、本審査と違い、申請の期間が短くても、審査を受けられる場合があるので、仮に落ちても、返済等をしてから再度申し込める場合が多いようです。

【参考ページはこちら】
噂されているよりモビットの審査スピードは遅い?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.