自己破産していても審査に通る?モビットのカードローン

10年ほど前、自己破産をしています。ブラックリストは7年経つと抹消されるとは聞いているのですが、本当に借り入れはできるのでしょうか?モビットで借り入れをしたいと考えているのですが可能でしょうか?

自己破産者でも借り入れできる?モビットのカードローン

10年前だったらブラックリストは抹消されていますね。借り入れできますよ。借り入れをすると申し込みの時点で個人信用情報機関にデータが登録されます。借り入れの情報や金融事故、自己破産などもすべて個人信用情報機関に登録されます。

申し込みのデータは半年間。借り入れのデータは借り入れが完済されるまで。金融事故だと5年。自己破産は7年となっています。それぞれ期間が過ぎるとデータが抹消されます。

個人信用情報機関というのは、銀行であれば全国銀行個人信用情報センター、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社は株式会社シー・アイ・シーと日本信用情報機構というところにそれぞれ加盟しています。加盟している機関に借り入れを行っている人の情報を登録します。そして、登録された情報は加盟している会社は検索閲覧が可能となっています。

借り入れの申し込みを行った際、金融会社はまず個人信用情報機関でデータを検索し審査の材料とします。7年経っていると抹消されているので過去に自己破産したことはわからなくなるので借り入れができるようになります。モビットも他の金融会社もこれはだいたい同じなので大丈夫ですよ。

自己破産するとモビットの審査には通らない?

自己破産をするとモビットの審査には通らないことがあります。しかし、絶対に通らないというのではなくて、ケースによっては通る事もあります。実際、自己破産をした後に審査に通ったという人もいますが、どこに申し込みをしても通らないという人もいます。いろいろな情報がありますから、通るのか通らないのかが分からないという人も多いでしょう。では、どのような場合に通って、どのような場合に通らないのでしょうか。

まず、モビットからの借り入れがある状態で自己破産をすると、その情報はモビットの顧客情報として記録されますから、審査に通ることはないと考えておきましょう。顧客情報として返済をしなかったということが記録されるのですから、さらに借りることはできなくなるのが一般的です。これは考えてみれば当然のことでしょう。顧客情報を共有している金融機関からは借りることができなくなりますから、同じグループの金融機関や、債務保証を行っている金融機関からも借りることができなくなります。モビットは三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となっていますから、三井住友銀行グループからは借りることができないと考えておくのが良いです。他にも、このグループ企業が債務保証を行っている地方銀行などでも通らないと考えられます。

他の金融機関から借り入れをしていて、そして自己破産をした場合には、その情報は信用情報機関に登録されます。信用情報機関に情報が登録されていると、審査には通らなくなります。信用情報機関は、大抵の金融機関が利用しますから、日本の金融機関からは借りることができなくなると考えておきましょう。信用情報機関は、永遠にその情報を保管しているのではなくて、一定期間保管されればその後は削除されます。信用情報機関によって異なるのですが、7年から10年くらいは保管されます。ですから、自己破産した経歴があるのなら、そのときから10年経ってからモビットに申し込むのが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.