モビットの審査に通らない理由として考えられるのは何ですか?

モビットの審査に通らない理由として考えられるのは何ですか?

社内ブラックと判断されているとか他社での借入状況

単純にブラックと判断をされている人の場合です。他には他社でどれくらい借りているか関係があります。総量規制です。年収1/3を超える借入は他社と合算されて計算されてしまいます。他に考えられるのは、年齢が条件を満たしてないとか、専業主婦の方や年金のみが収入である方とかそういう基本的な理由になります。(こちらも参考にしてください→なぜ専業主婦はモビットで借り入れができないの?

最悪、モビットは三菱UFJファイナンシャルグループと三井住友銀行グループで連携しているのでどちらかの社内ブラックと判断されてしまった場合(例としては、何かカード事故を起こしたりしてしまっている場合)は審査に通らない理由になりますね。もし、審査に落ちたなら、もう再度審査を申し込むのは、やめた方が良いでしょう。モビットはブラックと判断されたひともお金を借りられたなどの口コミが寄せられていますが現在のあなたの返済能力も審査に通らない理由としてあげられます。
(⇒ブラックでもモビットでお金を借りられる裏技なんてある?

実際のところ審査に通らない理由を金融会社は教えてくれませんので自分で考えるしかありません。他社での借入で返済が何度も滞ったことはないのか、借入は総量規制の枠内で収まっているのか、などわが身を振り返ってみましょう。モビットが駄目でも審査基準は会社それぞれの基準がありますので、他社で審査に通ることもあり得なくはないです。もしも総量規制で引っ掛かっているのなら銀行カードローンという方法もあります。

モビットの審査に通らないときの対処法を知っておく

モビットの審査に通らないときの対処法を知っておくことで、その後の審査を楽に終わらせることができるようになります。基本的に、モビットのような少額融資のサービスというのは審査の基準が明確に決まっているのです。その基準をもとに審査が行われることになりますので、審査に通らないときはその審査の基準に適応していないということになります。ですので、その部分を修正すればよいのです。

では、具体的にどのようなことに注意をして審査を受ければよいのでしょうか。まず、最初に知っておかなくてはいけないのは、金融機関は融資の申請をするものの情報を最初からある程度把握しているということなのです。この情報のことを信用情報といいます。信用情報は消費者の借金の情報ですので、この情報がある限り下手なウソをつくようなことをしてはいけません。

金融機関は、お金を貸す金融機関ですのできちんと返済をしてくれる人に対してお金を貸す必要性があります。そうしないと、金融機関のリスクが必要以上に溜まってしまうことになるからです。そのような金融機関の特殊性から、金融機関は信用情報という債務者の情報を共有することができるようになっています。この情報は金融機関であるのならばどこであってもすぐに照会できます。

消費者金融は、審査の最初の段階でこの信用情報をチェックするところから始めるのです。融資の申請をした消費者が既に他の金融機関から多額の金銭を借りていた場合、そのようなものにお金を融資してしまうと融資の契約に関して危険性が生じてしまうことになります。そうした危険性を排除するためにこうした信用情報の照会という作業を行うのです。

消費者金融の審査に通らない人は、ほとんどの人がこの信用情報の照会で引っかかってしまいます。借金を抱えていたとしても法律の範囲内であればお金を借りることはできますので、申請の段階でウソを書かないように気をつけて自身の債務の状況を前もって整理しておくことが必要なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.