モビットの審査で落ちたので悩んでいます

キャッシングベスト3

つい最近でモビットの審査で落ちたので悩んでいます

特にローンはしていませんが、モビットの審査で落ちたので悩んでいる最中です。年収は400万円ほどでローンについては自動車ローンが200万円ほどとなっています。ローンそのものは多くないはずなのですが?

借入額が上限に達しているように思われます

借金の借入額については制限もあります。例えば、キャッシングローンであっても総量規制対象外となっていない場合には、年収の3分の1となっておりますので、カードローンのみ受付されなかったのではないでしょうか。(こちらもご参考にどうぞ→モビットカードローンは総量規制の対象?)なので、現状のキャッシングローンを減らすか、別のカードローンでカードローンを組まれることをオススメします。

また、数ヶ月も経過していない段階で再度の審査を同社で行うのだけはやめておきましょう。これは、今ではマイナスの評価がされることで有名です。カードローンについては記録が残るようにもなっているので、このようにして何度も同社でカードローン審査をされていて、モビットの審査で落ちるような結果になっていると、モビットの方でもローンについてトラブルのある個人として記録をするようになるのです。

そうなってしまうと、他のカードローンでも契約が出来なくなってしまう恐れがあるので注意してください。現代では、カードローンなどのローン情報については信用情報機関で管理されています。つまり、信用情報機関に登録がされてしまうと別の業者でもチェックが入るようになるので、モビットの審査で落ちたという結果についても別の業者で同じような審査結果となりやすくなるのです。若干複雑な作りになっているので注意してください。

モビットの審査に落ちやすかったり落ちた原因

モビットの審査に落ちやすかったり、落ちた原因には主に支払い能力が欠けているということが原因です。支払い能力が欠如している場合には、融資を行ったとしても、返済することが期待されないために、融資を行うことが出来なくなってしまうのです。そのため審査に通るためには、支払い能力を身につける必要があるのです。支払い能力があるかどうかを確認するためには、まず仕事があるかどうかを判定されます。安定した収入を稼いでいない場合には、融資を行っても返済されることが期待されません。そのため安定した収入があるということは、融資においては絶対的に必要な条件なのです。

安定した収入があるかどうかの判定に使われるのは、職業です。職業では学生や専業主婦は審査に落ちやすい傾向があります。支払い能力が少ない学生や、収入が無い専業主婦の場合だと、支払い能力が無いと判定されるのです。また未成年の場合でも難しくなってしまいます。未成年の場合でもアルバイトや就職をしていたとしても、融資を行うことは難しくなってしまうのです。モビットで大切なことは職業で、学生と専業主婦と未成年以外ならば、収入があれば融資を受ける可能性が上がります。その次に大切なことは、勤続年数です。

勤続年数は収入の次に大切です。安定した収入を確認するためには、勤続年数が多いことが大切なのです。勤続年数の値は、そのまま安定しているかどうかの証明になるために、職業をあまり変えずに安定した収入を得ていることの証明になるのです。そのため勤続年数が多ければ多いほど通りやすくなるのです。モビットの審査に落ちた場合には、このように職業と収入と勤続年数に問題ないかを確認する必要があります。職業は学生や専業主婦以外ならば、それほど問題にはなりません。(こちらも参考にしてください→結婚して専業主婦になってもモビットは利用できる?)アルバイトやパートでも、安定した収入とそれなりの勤続年数があれば、支払い能力があることを確認できるために、審査に通りやすくなるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.