モビットはなぜ審査に落ちた人が少ない?

キャッシングベスト3

審査に落ちた人が少ないというモビットだが、理由はなぜ?

モビットの噂というのはよく聞いているんですけれども、その中でも多いのが「審査に落ちた人って少ないみたいだよ」という話です。審査に落ちた人が少ないということは、それだけ審査が甘いということだと思うんですけれども、モビットはどうして審査に落ちた人がここまで少ないのでしょうか。

モビットは多くの人を受け入れているから

審査が甘いというのはいいことで借り入れができるということになるわけですが、モビットの場合には消費者金融の中でもとりわけ審査が甘いと言われて人気です。この業者を利用している人の中にはもちろん審査に落ちた人もいるのですが、ほとんどの人が通って借り入れをしていると言われています。それだけ懐が大きいということになります。

懐が大きいというのはいわゆる借り入れをする時に消費者金融がどういう人には貸してどういう人には貸さないというように決めることです。懐が大きいモビットのような業者であればあまり職業差別などもしないし、収入が少ない人だって貸出をしているのです。だから審査に落ちた人が少ないというわけです。

もちろん審査に落ちる人もいます。例えばブラックの人は通りません。たとえ審査が甘いと言われている業者であっても、ブラックで借り入れができる所は大手にはないのです。モビットもその1つでまず借り入れはできないのですが、借りられるかもしれないと希望を持って申し込む人もいるようです。

また総量規制以上の借り入れや主婦なのに同意書がない人などは借り入れができないでしょう。総量規制の対象になっている消費者金融ですから、銀行系カードローンとは違って主婦も自由には借り入れできません。年収の要件を満たしていない限りは借り入れができないので、そういう総量規制に引っかかっている人は借りられない状況でしょう。

以上のような明らかに借り入れができないような人たちというのも申し込みをしてくるのですが、こういう人たちはさすがに審査に通らないようです。逆にそれ以外であれば通るというのですから、借り入れが出来る人の幅が広く、懐の広い消費者金融であるとモビットは言えるのではないでしょうか。

モビットの審査に落ちた人の対処方法はある?

モビットの審査に落ちた人は融資を受けることができませんが、対処方法としては2つの選択肢があります。1つは期間を空けてから再びモビットに申し込むことであり、もう一つは他の金融会社へ申し込むことです。まず、基礎知識として覚えておきたい事としてモビットの審査に合格できるかどうかは事前に借り入れ診断からチェックすることが出来ます。そのため、自分の状況で合格できるかどうか微妙と感じた場合は借り入れ診断をしてみると良いです。年収や他社借入項目などで審査に通ることができるかどうかを確認することが出来ます。

審査に落ちた人というのは必ず何かの理由があるので、もし不合格となった場合は状況を改善して後々に再び申し込みをすれば十分に合格できる可能性はあります。例えば、信用情報に問題があることで不合格になった場合は期間を空けてから再度申し込みをしますと、信用情報が回復していることで合格することが出来ます。また、他社借入が原因で不合格になった場合は先に少しでも借金の金額を減らすことで合格できる可能性はあります。このように期間を空けてから申し込みをすると審査に通ることは出来るので、しっかりと改善点を見つけておきたいところです。

審査に落ちた人が他の会社へ申し込む場合は、モビットよりも審査に通りやすい会社を選ぶことが基本だと言えます。(こちらもご参考にどうぞ→モビットとアコムとではどっちのカードローンを選べばいい?)消費者金融や銀行などいくつかの申込先を見つけることが出来ますが、インターネットからしっかりと審査が甘いところを探したいところです。モビットは基本的に申込時に収入証明が必要なので審査では年収が問われることになりますが、他社に申し込むときの参考として覚えておきたいのが銀行です。審査に落ちた人にとって年収が原因というなら、銀行へ収入証明不要で申し込むことで審査では年収が不問となるので合格しやすくなります。審査に落ちた人でも上記のように様々な対処方法があるので好ましい方法をうまくさがしたいところです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.