利用限度額変更のメリットとデメリット

キャッシングベスト3

モビットの限度額を変更するメリットがあれば教えて下さい

今は主にモビットを利用してキャッシングしているんだけど、利用限度額に特に不満はありません。あまり借り過ぎて返せなくなったら嫌なので、借りるとしても毎回数万円しか借りませんしね。ただ、今回モビットから利用限度額変更申請の誘いがきたんです。利用限度額を変更すると何かメリットがあるのでしょうか?

限度額を変更することで金利が下がるかもしれません

利用限度額増額のお知らせメールが会員ページにきたのですね。その誘いに応じて申請すると、かなり高い確率で限度額を変更できると思われます。望みのない人にモビットはメールを送信しないからです。利用限度額が変更になれば、借入金利が下がるかもしれませんから、それが最大のメリットと言えるでしょう。

モビットは利用金額に応じて金利が設定されますので、限度額が増額になれば借入金利が下がる可能性があるということです。金利が下がって損することは決してありませんので、増額申請に応じてみると良いかもしれません。

また、増額になっても利用限度額目一杯利用することは少ないでしょけども、いざという時かなり助かるんですよね。まとまったお金が必要になった時、急な出費が必要な時、限度額が低ければ成す術がありません。しかし、限度額が高ければ、そうした緊急事態を凌ぐことができる、つまり一種の保険のような働きをするのです。

ですから、普段は使わないにしても、保険的に利用限度額を高くしておくのは悪いことではなく、メリットといえるでしょう。ただし、自己制御は欠かせません。セルフコントロールができないと、メリットがデメリットとなるかもしれません。

必要ないのに必要以上に借りてしまう。こうなると待っているのは借金苦です。返済のために苦しむことになるかもしれませんから、利用限度額が高くなっても必要以上に借りない自己意識は非常に大切です。その点を肝に銘じて、利用限度額変更申請を行ないましょう。

モビットの限度額は本人しだいで簡単に変更できる

モビットの限度額は本人しだいで簡単に変更させることができます。そもそも、モビットのような消費者金融というのは融資の審査に関して厳しい基準を設定していません。簡単にお金を借りることができるようになっており、融資の申請だけではなく限度額に関する取り決めも法律によって明確に決定されているのです。ですので、何も迷うことはありません。

では、モビットのような消費者金融はどのような基準で融資の限度額を決定しているのでしょうか。実は、消費者金融は融資の申請者の年収を基準にお金を貸すときの限度額を決めているのです。金融機関が好き勝手に決定しているわけではなく、あくまでも本人の年収を基準に融資の範囲を決めることになりますので、そもそも年収を得ていない人はこの上限を設定することができません。

少額融資は他の融資のサービスとはまったく異なります。個人の消費者に対して融資を行うという性質上、個人の消費者をきちんと保護するための法律を整備しなくてはいけなかったのです。そのため、融資の枠に関しても少額融資のサービスにしか適用されない規制が適用されることになります。この規制のことを総量規制といいます。

総量規制は、融資の申請をする人の年収の三分の一を融資の上限額とする規制のことを言います。そのため、融資の上限額がそこに達成しない限りはどのような方法でお金を借りても本人の自由なのですが、年収がそれほどない人ではそれほど多くのお金を借りることができません。もちろん、これは本人の年収に依存するわけですから多くなれば簡単に増額することもできるのです。

限度額を変更したいのならば、まず自身の年収がどの程度得ているのかをきちんと証明しなくてはいけません。それができれば多くのお金を借りることもできるようになりますので、その準備をする必要があるのです。この基準は総量規制が存在する限りどこの金融機関でも同じなので、覚えておいて損はありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.