モビットの増額申し込み時に注意しておきたい3つの点とは

1年以上モビットでキャッシングしているのですが、利用限度額に不満です。私の年収からすれば限度額はもっと高くても良いと思うんですよね。そこで、今度モビットで増額申し込みをしようと思うのですが、増額において注意すべきことがあれば教えて下さい。

増額時には3つの点に注意して下さい

新規利用の時は利用限度額が低く設定されているのが一般的ですから、増枠を希望するのは必至かもしれませんね。しかし、増額を申込む時には、最低3つの点に注意して下さい。

◆モビットからの信頼が必須
増額申し込みをすると、モビットは必ずあなたの返済履歴を審査します。もし、過去に返済遅延や返済滞納があるなら、増額してもらえるほどの信頼を得られないかもしれません。増額の最大のポイントは、信頼です。信頼あってこその増額ですから、返済を確実に行なっていることが条件となります。

◆自分の返済能力を数値化する
返済能力がなければ増額はしてもらえませんが、自分の返済能力がどれほどのものか、明確に数値化して知っておくことが大切です。収入から支出を引いた数の半分が毎月返済に充てられる金額と考えて下さい。もちろん目安に過ぎませんが、収入や支出が変われば返済能力も変わるわけです。自分の真の姿を数値化しておくことで、増額後の借入・返済がよりスムーズでしょう。

◆増枠=返済能力増ではない
増枠申請が通ったからといって、あなたの返済能力が突如としてアップしたと考えるのは間違いです。増枠=返済能力増、ではないのです。誤解しないように気を付けたいところです。増枠によって借りられる金額が増えると、どうしても多めに借りてしまうのが人間というもの。しかし、返済能力を超えて借りれば自分の首を絞めることになるのは間違いありませんから、増額の可否に関わらず返済能力の範囲内で借りることが大切です。

【参考ページ】
モビットで増額をしたいアルバイトの皆さんはこちらもご参考に

増額申し込みで注意すべきこととは?モビットの場合

借金をする者にとって、複雑な話など要りません。切羽詰っているのです。いつまでにいくら貸してもらえて、金利はいくらで、月々いくら返済すればよいのか、そして自分は借りられるのか。それだけを知りたいのです。貸してくれるところが、銀行だとか、サラ金だとか、信金だとか、それを気にする人は、まだ本当の意味で切羽詰ってはいません。どこでも良いから貸してくれ、というのが本当に切羽詰っている人なのです。また、借りたとしても、その後も追加して貸してほしいということもあります。決して浪費目的ではなく、事業をしている人などは、その時代の景気の上下に合わせて、そうした経験をしていることでしょう。

モビットの場合、借り入れ当初から、限度額いっぱいまで借りていなかったとすれば、その枠内であれば問題なく追加借り入れができます。しかし、契約当初に、すでに限度額まで借りてしまっている場合には、増額の申請が必要です。もちろん申請をしたからと言って、必ず増額してもらえるわけではありません。結局、新たに借金を申請するのと同じことなので、再審査があります。借金をした人は、返済中に、途上審査というものが定期的に行なわれています。途上審査とは、返済が計画的に行なわれているかなどを確認するもので、問題がなく行われていれば、その人の個人信用度が上がります。

少なくとも、返済を開始してから1年以上経過し、かつその間一度も滞納をしていないというのであれば、増額の申請が通る可能性があります。あるいは、モビットの場合は、たとえ申し込みをしていなくても、優良顧客には増額可能な旨の連絡が入ることもあります。ここで注意したいのは、増額の申し込みをして断られた場合です。この場合、逆に信用が下がってしまい、利用上限額を下げられることもあります。なので、試しに申請してみる、といったことは避けておいた方が無難です。したがって、申請をしても断られる可能性を感じるならば、むしろ別の消費者金融に新たな借り入れの申し込みをしたほうが良い場合もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.