利息制限法をモビットは守っているか?

キャッシングベスト3

利息制限法以上にモビットから請求されることがあるの!?

今、利息制限法というものがあるというのを聞きました。法律が変わってから、この利息制限法を守っている業者ばかりだといいますが、中には闇金とかブラックで審査が甘いからだれでも借りられる業者もあると言います。モビットも審査が甘いとして有名です。

そのモビットはもしかしたら利息制限法を守らずに、かなり高い金利を支払わせているということはありませんか?これだけ審査が甘いと言われているのですからそのくらいはありえるんじゃないかと思っていますが、どうなのでしょうか…

厳しい罰則があるのでモビットは利息制限法を破らない

審査が甘いところとしてもモビットは有名で、だから利息制限法を超えるような高い金利で貸出をしているんではないかと考えているということですが、それはまずありません。モビットだけではなくほとんどたいはんのちゃんとした業者については利息制限法を守らないということはまずありません。なぜなら厳しい罰則があるからです。

この利息制限法を守らなくても良かった時代が法律の改正前です。この時には特に罰則はなく、貸出をしても問題はありませんでした。この利息制限法を大きく越えたある一定以上の金利になると罰則があるのでその手前でみんな止めていたのです。今は利息制限法を超えると罰則、なかったとしてもすぐに返還させられるので超えることはないのです。

ですからモビットは審査が甘いとして有名ですが、甘い審査でありながらも、利息制限法をちゃんと守っている業者なのです。ですがたまに「それ以上の金利を払った」という人がいますが、おそらくその話のほとんどが遅延損害金のことだと思います。金利と遅延損害金を合わせると、だいたい30%を超えるだけの追加分を支払わないといけないので、多く感じただけでしょう。法律内でのことです。
(⇒利息制限法で見るとモビットの金利は安い?

モビットが利息制限法を守りながら、審査を甘くしているのはありがたいことです。ノウハウなどはモビットだけが持っているので、どこも真似できないというわけです。ここまで審査も甘くてちゃんと法律を守ってくれる消費者金融があると、利用者側も助かります。

モビットが利息制限法を超えた金利設定はあるの?

モビットは消費者金融の中でも金利が比較的低く、人気のある金融会社です。一昔前には消費者金融もいろいろな問題を起こし社会問題となったことは記憶に新しいです。強引な取り立てや、法外な利息を請求して借り手にとっては大変な事態に陥れられた方も大勢いました。その後、社会問題となったために利息制限法や貸金業法の改正が行われました。今現在では法外な金利を搾取したり、強引な取り立てもできなくなりました。今現在、利息制限法や貸金業法を抵触するような行為を行なっただけで営業停止となってしまいます。

金融業者が営業停止となると利益が発生せず大変困ったことになります。なので、これまでの消費者金融の怖いイメージを持っているのであれば、今はそんなことはありませんので安心して消費者金融を利用されて下さい。ただ、お金を借りるということはお金を利息をつけて返すということはなにも変わりません。利息制限法をしっかり守った金融会社からお金を借りても、返せない場合には遅延損害金が発生して、金利はさらに膨らみます。カードローンやキャッシングは今では申し込みも簡単で安易に利用できるのですが、しっかりとした利用目的と、毎月どの程度まで返済できるのかをしっかりとシュミレーションをし返済計画を作っておくことが重要になります。

最近では無利息カードローンといった金融商品もありますが、無利息でお金が借入ができるのは確かですが、無利息には期間が存在しています。もし無利息期間内の全額返済が出来なかった場合には、その後は当然利息が発生します。ただ注意して欲しいのは、通常借りた場合の金利よりも高く設定されていますので、短期で借りる場合には良いのですが、長期で借りるなら通常のローンで借りることをお勧めします。要するに、あなたの利用目的に応じてどの金融会社でどの金融商品を選択するのかをしっかりと吟味してから選ぶことが何よりも重要なことなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.