モビットは年率に直すと大したことがない?

キャッシングベスト3

年率で計算すると、モビットはそこまで支払いが少なくない?

何かと話題になりがちで、そして借り入れをしている人の多いモビットですけれども、この業者では年率という点ではそんなに低くはないというように聞きました。年率がそこまで低くはないのはなんとなくわかっているのですが、それでも人気なのは不思議です。

モビットを使っている人は年率は低いと思って使っているのでしょうか。それとも高いとわかっていながら年率換算をして、他の理由から借り入れをしているのでしょうか。この辺り、ちょっとわかりにくいのですがどうなっているのでしょう。

年率は確かに低くはないがそれ以外のメリットがたくさんある

年率で言えばモビットというのは最大の金利が適用されるならば、かなり金利は高い方で、法律ぎりぎりの上限になることもあるくらいです。これは10万円くらいの借入が少額の時に適用されるのですが、モビット以外の消費者金融もこれと同じくらいです。しかしそれ以外のメリットというのが多いからこそ、多くの人が利用しているのです。

まず金利関係でいえば枠を大きくしやすいという点です。枠をある程度までは大きくしやすいために、金利も下げてもらいやすいのです。小規模な借入であればあまり必要ないかもしれませんが、数十万円レベルの借り入れをするのであれば、枠を多くしてもらって年率を下げるということもできるので、思っている以上に金利支払いは少なく出来るでしょう。

もう一つ便利な点があるとすればそれは金利などとは関係ないかもしれませんが、日本中どこでも使えないところがないということでしょう。極端なことを言えば山奥でも使うことが出来るのです。インターネットや電話で振込をお願いすれば直ぐに自分の口座にお金を振り込んでもらえます。こうした借入のスピーディーさ、そしてどこでも使えるという点から使う人が多いと言われています。
(⇒モビットの便利なWEB完結申込みを利用したい方はこちらへ

確かに年率で見るとモビットはさほどいいように見えないですから、金利だけを重視している人にとって見れば「大したことがない業者だ」と思えるかもしれません。しかし総合的に見れば使えるところも多く、金利も下がって枠が大きくなりやすいという点を多くの人が評価しているといえるでしょう。

【参考ページはこちら】
モビットって利息のみの返済ができるって本当?

モビットの融資における年率はどのくらい?

モビットから融資を受ける時にもっとも気になるポイントは年率です。やはり金利がどのくらいなのかによって支払う利息が決まってくるので、しっかりと金利を検討して融資申し込みを決めたいところです。モビットの実質年率は4.8%~18.0%になっています。この範囲から金利が決まることになるので、しっかりと抑えておきたいポイントです。実際にこの範囲からどの金利が適用されるのかは審査で決まりますが、限度額に応じて金利が決まるため、基本的にはモビットで大口融資を受ける人ほど低金利が採用されることになります。

モビットは最大で500万円までの融資を行っていますが、つまり500万円借りる場合と10万円など少額を借りる場合では適用される利率が異なるというわけです。そのため、一つの参考としてもし少額を借りたいという場合でも出来るだけ高い限度額を保持するほうが金利を安くしてお金を借りることができるので覚えておくと良いです。高い限度額を持つためには返済能力が必要です。年収が高くなければ審査において返済能力が低いと判断されてしまうので、年収が低い人は高額限度額から低金利を活用することは難しくなります。年収が低い場合は自然と少額限度額になってくるので、適用される年率は上限である18.0%に近い数値となります。

上記をしっかりと考えてみると、やはり有利にお金を借りることができるのは年収が多い人であり、低金利を活用できない人ほど不利だと言えます。しかし、少額を借りる場合は返済を早く終えることができるので、一概に不利とは言い難いところもあります。年率が18.0%付近になっていても、返済しなければならない金額が少額なので借り方を上手に考えると、利息を抑えることは十分に可能です。どのくらいの年率になったとしても、結局はお金の借り方と返済計画が大切なポイントになるので、モビットから融資を受けるときはしっかりと考えておきたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.