契約をモビットでした場合には勤め先に電話

キャッシングベスト3

契約をモビットでした場合には勤め先に電話が来ると聞きました

出来ればバレずにカードローン契約をしたいです。ですが、利用を検討しているモビットでも勤め先に電話がかかってくると聞きました。

今では電話は必ずかかってくるようになっています

まず、重要な事なので先に言っておかなければいけない事があります。それは、勤め先に電話がかかってくるというケースについてはモビット以外でも発生となっている点です。今では、カードローン契約の際の確認の必須事項で「本人確認(在籍確認)」については絶対となっています。なので、勤め先に電話がかかってこない・・・と言うのは今では対応が必ずあると理解していないといけません。

ちなみに、電話などが不要なケースと言うものもあるのですが、それはキャッシングローンだったりクレジットカードの契約の際の話です。利用する借金の種類によっては、電話がかかってこないようになっているだけ・・・という話です。また、過去の消費者金融の利用であれば勤め先に電話がかかってこないケースもありました。

ですが、今ではそのような対応をしていると、仕事をしていない人の利用についても考えられますし、トラブルの元になってしまうので確認については必ず行われるようになっています。ただ、確認については在籍のみの確認となっておりますので、時間については1・2分で終わるようなものです。時間指定についても出来るようになっているので、余り慌ただしくない時間を指定すると安心して確認を終えられるでしょう。

モビットの審査では勤め先に電話がかかってくる

モビットの審査では、勤め先に電話がかかってくることがあります。なぜこのようなことがあるのかというと、融資の申請をしたものの所得の証明を行うためにしてくるのです。消費者金融は個人の消費者に対してサービスを提供していますので、大きな金額で融資をするわけではありません。そのため、融資の審査で必要になる書類がほとんどないのです。これは所得の証明であっても例外ではありません。

もちろん、このような簡易的な審査でお金を貸してくれたとしても融資の契約に関してきちんと安全性は担保されます。少額融資は、大型のローンと異なって個人の消費者との関連性が非常に強くなる融資のサービスですので、大型のローンでは適用されないような利息に関する制限や融資の枠の規制が適用されるのです。そのため、最初から融資の契約に安全性が担保されます。

では、所得の証明に関して勤め先に電話がかかってくるのはどのような審査の影響なのでしょうか。それは、在籍確認という審査の影響なのです。在籍確認では、申し込みフォームの必要事項に書き込んだ職場に対して電話をかけることになりますので、この情報は正しい情報をかかなくてはいけません。そして、電話に出る相手は何も本人でなくてもかまわないのです。

特徴的なのは、電話をするときに金融機関からお金を貸す消費者金融であるという名乗りをしないことにあります。架空の会社や担当者本人の名前を出して確認することになりますので、必ずプライバシーは守られることになります。そして、確認の際に勤め先の仕事仲間が電話に出て、本当に本人がその職場で働いていることを証言すれば、所得の証明は完了します。給料がいくらあるかなどは聞かれません。このように、審査の段階で電話があると言ってもそれによって消費者の日常生活に不利が発生するようなことは絶対にありません。消費者の権利は法律によってきちんと保障されていますので、極めて安全にお金を借りることができるのです。

【参考ページはこちら】
固定電話があるとモビットに申込む時にプラスになるってホント?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.