モビットのカードローンって連帯保証人は必要なの?

モビットでの借り入れを考えているのですが、モビットの借り入れには連帯保証人は必要でしょうか?連帯保証人が必要になると頼む相手がいなくてどうしようかと思っています。

また親や家族、会社には内緒にしておきたいのですが、そんなことは可能でしょか?知っている方教えて下さい。よろしくお願い致します。

モビットのカードローンには連帯保証人が必要?

モビットは連帯保証人はいりませんよ。最近のカードローンは大手であれば保証人が必要なところは少ないですね。ご家族や会社に内緒にしたいとのことですが、それならむしろモビットを利用されるべきでしょう。

他社は在籍確認の連絡が会社に入ったり自宅に書類が郵送されたりしますが、モビットの「WEB完結」というサービスであればそういったことは一切ありません。ただし、条件があります。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のどちらかに口座を持っていることと社会保険か組合保険に加入していること。あとは収入証明ができる書類の提出も必要です。以上のことがクリアできれば申し込みから返済まで、すべてインターネット上で行うことができるサービスです。
(⇒モビットのWEB完結で申し込みをしたい方はこちらへ

銀行口座と保険証で自宅や会社についての情報が確認できたということで在籍確認がなくても借り入れ可能です。保証人や担保も必要なく身分証明書だけで十分です。スマホをお持ちなら会社の休憩中や移動中などの空き時間に簡単に申し込みができるのでいつでもどこでもすぐに借り入れができますよ。

連帯保証人が不要なモビットは手軽に利用できる

モビットは連帯保証人が必要ありませんから、他の人に迷惑をかけることなく借りることができるというメリットがあります。連帯保証人とはどういったものかというと、債務者と同等に返済義務を負う人のことを指します。借金をしていないのに、借金をした人と同じように返済をする義務が発生すると考えておきましょう。保証人というと、もしも返済ができなかったときには、代わりに返済をしなければならないというイメージがあると思いますが、連帯保証人の場合には返済ができるかできないかには関係ありません。借金をした人が返済できない場合にはもちろんですが、返済できる場合であっても返済する義務を負うという点に注意が必要です。「連帯」という言葉が付いていることによって、一般的な「保証」に比べると、その義務は非常に大きくなると言えるでしょう。

連帯保証人になった場合、借金をした人が返済できなくなれば代わりに返済をしなければなりません。それだけではなくて、返済ができても返済をしなければ代わりに返済をしなければならないのです。例えば、借金をした人がたくさんの資産を持っていて、そしてその資産を売却すれば返済できるような状態であっても、もしも金融機関が求めれば代わりに返済をしなければならないのです。

また、借金をした人が返済不能になり、何らかの形で債務整理を行った場合でも返済をしなければならないのです。例えば、自己破産をすれば、借金をした人は債務が免除になって、返済をする必要はありませんが、それとは関係なく返済をしなければならなくなります。(こちらもご参考にどうぞ→モビットは自己破産をした経験がある人も借り入れできる?)このようなことを考えれば、連帯保証人になるリスクは非常に高く、なりたいと思う人はいないでしょう。よほど信用している人でないとなってくれはしないでしょう。現実的に言えば、なってくれる人を探すのは非常に大変な事だと考えられます。モビットは、もともと必要ありませんから非常に借りやすいと考えられます。

【参考ページはこちら】
モビットでの借り入れができない場合、どこで借りればいい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.