カードローンに保険加入義務は発生するのか

キャッシングベスト3

カードローンにも団体信用生命保険の加入義務ってあるんですか?

消費者金融でカードローンを組む場合でも、住宅ローンのように団体信用生命保険に入る必要があるって話を、だいぶ前に聞いた覚えがあります。

当時はカードローンを利用する予定もなく、その気もなかったので余り気にしていなかったのですが…最近、利用を考えていて、ふと思い出しました。消費者金融で団体信用生命保険に入らないといけないとしたら、どんな理由があるんでしょうか?

わからないまま利用するのは怖いので、簡単にで構わないので教えて下さい。

団体信用生命保険への加入の義務は殆ど廃止されてます

確かに、以前は加入義務がある消費者金融が多くありました。大手や中堅以上の消費者金融はこの団体信用生命保険を契約者にかけていました。

そもそも団体信用生命保険とはいうのが何なのかっていう人もいると思うので、簡単に説明します。

団体信用生命保険というのは、借入をする契約者が万が一、病気や事故、死亡などで支払いが不可能になった場合、保険会社が代わりに支払うとうものです。

この団体信用生命保険は通常、住宅ローンなどの高額融資の貸付の場合です。これはお金を貸す側のリスクが高いからなんです。

さて、無担保・無保証人ローンである消費者金融のカードローンなどの場合はというと…。

先程も少し触れたように、大手や中堅以上の消費者金融では大半が加入を義務づけしていました。加入のための負担は会社側が100%というケースがほとんど。

しかし、2006年度になって、「借入している本人が知らないうちに加入させられている」といった借入している人のための保険ではなく、貸付している側のための保険だ!貸付している側の借入している側への取り立てを助長させるものだ!などの批判が世論で相次いだことが引き金となり、現在では大手消費者金融各社は、揃ってこの団体信用生命保険への加入義務の制度を廃止しました。

ですから、消費者金融で借入する場合には住宅ローンなどのような大きな借入ではないので、この保険への加入については気にしなくても大丈夫ですよ。

団体信用生命保険って何?カードローン今昔物語

「団体信用生命保険(略称:団信)」という生命保険の存在をご存知でしょうか。住宅ローンに少しでも関心を持ったことがある方はピンときたでしょう。普通の生命保険とは違い、ローンの支払中に亡くなったり重度の障害を負ってしまったときに、残債を支払ってくれる特殊な生命保険で、住宅ローンの中にはこの保険への加入が条件になっているものも少なくありません。

かつては、カードローンなどの保険として、消費者金融の商品にも団信に加入しているものがありましたが、とある事情から、最近ではその加入は行なわれていないものがほとんどです。

その「とある事情」とは、多くの場合で団信への加入についての説明がないまま契約させられていて、さらに返済不能になった利用者を精神的に追い込む取立てによって、自殺した利用者の残債を団信から支払われる払戻金で埋めていたことが社会問題になったことです。

国会でも取り上げられたこの問題は、結果として「団信の死亡払い戻しについては、自殺を除く」ことになり、消費者金融業界は一斉に利用者の団信加入を止める方向に舵を取りました。契約のときにきちんと加入についての説明をしていれば、このような問題も大きくならなかったのでしょうが、契約書類の中に小さく書かれていただけのところが大半だったため、このような事態になって初めて「保険に加入させられていた」と気づいた利用者の遺族もいたといいます。

だからといって、団体信用生命保険という制度そのものが悪いということではありません。先に書いたとおり、住宅ローンなどは数十年にわたる長いローン契約ですから、途中で何が起きるか分かりません。そんなときに遺族や障害を負った本人が困らないようなしくみとして非常に有効な保険であることは覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.