リスケはリスクが高いって本当ですか?

キャッシングベスト3

リスケジュールすると今後の借入ができなくなるって本当ですか?

私も中小ながら会社経営をしているので、たまに経営者仲間で飲み会などもしている中で出てきた話なのですが、その中の1人の知り合いの会社がリスケジュールを考えているらしいという話が出てきました。

私も銀行からの借入をしているので、リスケジュールについては、ちょっと他人事に思えないので、だんだんと気になって…。

確か、リスケジュールをするとデメリットがいろいろ発生するんですよね?詳しいこと、教えてもらえませんか?

デメリットが大きいのは事実。リスケジュールは極力避けるべきです。

リスケジュール───略称で「リスケ」と呼ばれますね。

念のため、リスケジュールについてお話ししてから進めていきましょう。

リスケジュールとは、毎月の融資の返済が厳しくなったために、銀行へ依頼して毎月の元金返済を減額してもらったり、元利金の返済の猶予をしてもらうことをいいます。

経営上で不測の事態の発生によって返済が厳しくなった時に、やむ終えず申請することが多いのですが、交渉次第で可か不可かは決まります。

しかし、このリスケ。経営の今後を考えれば、非常にリスクといいますか、デメリットといいますか…会社にとっては決していいことではありません。

何故かといいますと、リスケが執行された場合、その企業には銀行は今後一切の融資を行わないからです。

リスケは経営悪化を象徴するものです。銀行は回収できない融資は絶対に行いませんから、結果としては当然のことなのです。

リスケで経営を安定させられるのは、半年から1年くらいという一時的なもの。ですから、もしリスケした場合は、新規一転、企業の経営方針や経営計画を根本から見直して事業計画を練り直していく必要があります。これはリスケ申請の際にも必要になるので、リスケを考え始めたら、即行うべきです。

それから不動産の処分や、ゴルフ会員権や不用な高級車の処分、無駄な生命保険の解約。

会社役員の報酬減額に、人件費の削減。他にもやることはたくさんあります。

また、リスケは完済までの期間が延長されるわけですから、銀行側にとってはリスクが大きくなるわけです。なので、金利がよくて現状維持、もしくは引き上げられる可能性も視野に入れておいて下さい。下げることはできませんので、それは覚えておいて下さい。

また、リスケは非常に難しい案件となりますので、交渉に出てくるのも支店長など、それなりの立場の人たちが出てくることになります。誠意と真剣さが伝わるような態度でないと、絶対に受理されません。

リスケは交渉に非常に時間の掛かるものなので、時間に余裕を持たなくてもいけません。焦って、交渉が進展しない理由や受理されない理由を、むやみに聞き過ぎないことも必要です。

それくらい、リスケはリスクを伴うとともに重いものなのです。

リスケジュールは銀行との約束を反故にしてしまうという結果になりますので、リスケジュールを申請する時にはそれなりの心構えと覚悟を持つことです。

借入と返済の計画が行き詰ったら…リスケジュールで再生を目指せ!

スケジュール。日本語に訳せば、予定とか計画になります。その前に「リ」がつくと、直すという意味が加わります。「リトライ」・「リプレイ」・「リダイヤル」・「リセット」など、思いつく言葉は沢山あるでしょう。そして「リスケジュール」は、計画を練り直すの意味になります。

借金の問題でリスケジュールと言われるのは、個人の借入ではなく主に事業融資に対してです。銀行などから融資を受ける際には、事業計画に基づいた設備資金や運転資金が決定されています。リスケジュールを行なうということは、事業計画を見直さなければ返済の見通しが立たなくなったことを意味していることになりますよね?ただ返済ができないから返済を延期して欲しいというのは通用するものではありません。特に事業でのことであれば、なぜ返済が通常通りに行なわれないのかまで説明を求められると言っていいでしょう。

貸し手である金融機関へリスケジュールの相談をすることは、会社の将来性を疑われることも止む無しの手段であることは想像できるでしょう。返すべきものが返せなくなったというだけでもそれは伝わっていますから、重要なのは改めて事業計画を練り直すときに確実性・実現性の高いものを示せるかということになります。最初に描いた計画が絵に描いた餅だった以上、次はきちんと食べられる餅を用意しなければ信用を失くしてしまいかねません。

いずれにしても、返済できる見通しがつかなくなった早い段階で、事業計画も返済計画も綿密に練り直して融資元の金融機関にリスケジュールの相談に行きましょう。それによって立て直しができれば、再び信用を取り戻すことができますし、金融機関も貸倒れの不安が1件減ることになるのですから。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.