泉州銀行モビットとはモビットそのもの?

キャッシングベスト3

泉州銀行モビットとはモビットそのものなのでしょうか?

最近になってモビットと名のつくカードローンが多いことに気づきました。泉州銀行モビットなどがそうなのですが、この泉州銀行モビットのようなサービスもモビットなのでしょうか?

再使用許諾をモビットから頂いているだけです

わかりにくいサービスかと思いますので、モビットからで案内をしていきます。まず、モビットについては消費者金融カードローンとしての名称です。つまり、サービスの名称そのものがモビットなのです。ですが、このモビットについてはモビットの運営側から再使用許諾を頂けている場合については、○○モビットのように利用をしてもいいようになっているのです。

泉州銀行モビットについては、その典型なのですが他にも銀行であれば○○モビットについては探すと多く存在しております。ただ、モビットとは同じサービスとはなっていませんので注意して下さい。例えば、モビットのように審査についてはネットからで行えるようになっているのですが、「借りられる相手・借りられる金額・金利」の3種についてはまったく違っている傾向にあります。

また、借りられる人によってメリット・デメリットがありますので、人によってはモビットよりもサービスが良いというケースまであります。(こちらもご参考にどうぞ→あきぎんの「モビットネクスト」のメリットとは)例えば、泉州銀行モビットであれば24時間営業をされておりますので、フリーダイヤルからでいつでもカードローン契約については相談・申請が出来るようになっています。他にも、別のモビットでは金利固定というふうに安心して利用できるようなサービスまで導入されているモビットまであります。

泉州銀行とモビットの関係についてまとめてみた

モビットは東京三菱UFJ銀行の系列グループから三井住友銀行の系列グループに変わった消費者金融です。金融機関でも消費者金融が行っているキャッシングサービスなどを提供したいと考え、系列グループに消費者金融を持つ場合が増えています。モビットの場合は現在、三井住友銀行の系列会社から資本も受け、名実ともに三井住友銀行の系列グループの一員となっています。泉州銀行ではモビットの協力を得ていくつかのサービスを展開しています。地方銀行の場合は、大手銀行のように自社でキャッシングサービスを提供することは難しいため、消費者金融の協力を得てサービスを提供する場合が多いようです。

その場合、泉州銀行が提供していることを全面に出した商品開発が行われ、保証会社としてモビットが参加する場合と、モビットの商品を代行して提供する場合があるようですが、どちらの場合でも、金融機関が提供、提案することで利用者側の安心感はかなり違うようです。また、キャッシングサービスについては、泉州銀行のATMを利用することが前提のサービスが多かったようですが、消費者金融と連携することで、消費者金融がサービスしているATMや、コンビニの24時間対応ATMを利用できるなど、利用者にとって利便性が向上しているのも特徴です。

キャッシングサービスの他に、通常の融資サービスについても消費者金融は協力の体制ができているようです。これまで金融機関が行う融資は金融機関が独自に保証を行うことが多かったようですが、消費者金融が保証会社として保証することも増えています。これは、銀行の融資の審査よりも、幅広く、また、制限を多少緩めた借りやすい融資を提供したいという金融機関の意向もあるようです。これまで銀行では融資がなかなか受けられなかった商店や個人事業者も金融機関が代理となり、保証を消費者金融が行うことで融資を受けられることが増えており、大変好評のようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.