第四モビットと通常モビットの違いについて案内して欲しい

最近になって第四モビットについて知りました。しかし、モビットについては既にUFJ銀行のモビットがあるので、第四モビットと言うのはどういうカードローンとなっているのか気になります。

第四銀行のモビットとなっています

モビットについては、本家(UFJ銀行)のモビットとそれ以外のモビットがあります。(こちらもご参考に→三菱東京UFJ銀行のモビットの魅力とは)モビットについては、金利に変動幅が用意されておりますので借りる金額で金利についても変動するようになっています。ですが、第四モビットの場合は14.8%で固定となっている金利が採用されているので、違いについても金利で判断をされると良いでしょう。

また、第四銀行のモビットとなっておりますので、金利だけでなく借りられる金額についても規制がされておりません。なので、利用者様次第で都合の良い金額や金利で借りられるという場合もあります。これは銀行でお金を借りる場合のメリットとなっているので、モビットとの大きな違いとして判断されてもよいでしょう。ちなみに、モビットについてはUFJ銀行の~となっておりますが、正確には消費者金融のノウハウを元にしたカードローンです。

その為に消費者金融のカードローンとなっているので、総量規制対象外とはなっていません。銀行以外のノンバンクについては、全て総量規制でカードローンが組まれるようになっておりますので、年収の3分の1以上では借りられないようになっているのです。これがモビットのデメリットではあるのですが、どちらにしてもモビットに等しい機能で借りられると言うのは確かなようです。

【参考ページはこちら】
モビットカードローンの審査に絶対に通るための条件

スピーディーで柔軟審査で人気の第四モビット

第四モビットとは、第四銀行と貸金業者である株式会社モビットとの提携によって実現したカードローンです。正式名称は「だいしモビット」で、愛称が「解決モビット」となっています。原則無担保保証人不要で、株式会社モビットが保証会社となってます。そのため第四銀行の審査とモビットの審査、この2つに通過しなければなりません。しかし第四銀行のカードローンよりも審査が柔軟でスピーディーであることがメリットとなっていますので、お急ぎの場合にはこちらのカードローンを申し込むと良いでしょう。

利息としては一般的な銀行のカードローンよりは貸金業者のカードローンに近いものとなっています。しかし融資限度額は大きく、その割には一般的な銀行カードローンの審査に比べて審査基準が低く設定されていると言う印象が持たれています。時間的な余裕があるのであれば、第四銀行のローン窓口で各種フリーローン商品の概要の説明を受け、自分にあったローン商品を選ぶのがおすすめです。銀行も昔よりは融資実行が早くなっていますし、低金利の商品もあります。同銀行の低金利のカードローン商品に申し込みを行い、審査結果が難しかった場合には「だいしモビット」を利用するという方法も広く行われています。同一の申し込みとしてカウントされますので、信用情報機関の申し込み履歴の回数も1回ということになります。
(⇒モビットカードローンの審査に通る方法を一発で解決!

他の銀行に申し込んで断られ、審査が柔軟な銀行や貸金業者に改めて申し込みを行うと、それだけで2回の申し込み履歴が付き、3回の履歴がつけば一定期間「申込ブラック」ということにもなってしまいます。その間はどこに申し込んでも審査が通りにくいという事になりかねません。「第四モビット」のように同行の他商品に申し込んでから商品替えを行っても同一申込みとされるのであれば、大変安心です。保証会社が貸金業者のモビットであっても、あくまでも貸主は第四銀行です。なにかしらの債務事故を起こして代位弁済をモビットが行わない限り、その関係性は変わりません。「貸金業者を利用するのは心配」という人も、積極的に利用出来るカードドローンです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.