モビットは三菱東京ufjとどんな関係なのですか?

モビットについてブラウザで検索していると、良く三菱東京UFJという単語がセットで出てきます。セットで出てくるまでしか確認していないのですが、三菱東京UFJは三菱東京UFJ銀行の事で良いんですよね?

モビットはこの三菱東京UFJ銀行と、どのような関係なのでしょうか?私はモビットを消費者金融として記憶しており、それでちょっとカードローンが欲しくて興味が沸いて調べていたのですが、まさか消費者金融が銀行と何らかの関係を持っているとも思えず、両者の間に何があるのか、それがとても気になっています。

モビットを使う前に気になった事は全て解消しておきたいつもりですので、どうか教えて下さいませんか?興味本位混じりの質問ですが何卒よろしくお願いします。

三菱東京UFJ銀行が出資したのがモビットの始まりです

消費者金融が銀行と何かしらの関係を持っているのって、珍しくなったりしますよ。むしろ消費者金融単体で営業しているのは中小以下の業者で、大手は大抵が銀行絡みと言っても間違い無いです。銀行も消費者金融もお互い頼り頼られな関係なんで、意外と両者としては欠けられたら困る存在になっていたりします。

それでモビットと三菱東京UFJ銀行の場合だと、元は三菱東京UFJ銀行が中心になって出資して出来た会社なんですよ。三菱東京UFJ銀行以外にも出資したわけですが、やはり銀行というだけあって、三菱東京UFJ銀行が強く影響しているのは間違い無いですね。だから、三菱東京UFJ銀行のATMとかとも互換性があったりしました。利用者にとっては大手銀行と組んでいるのですから、安全面でも利便性でも安心して使えていたわけです。(こちらもご参考に→UFJモビットの増額審査には三菱東京UFJ銀行も関係してる?

ですが、近年ではその関係も変わってきています。モビットは融資だけじゃなくて保証業務(融資を受ける場合に保証人になってくれる事業)をしていたのですが、そのうち保証業務だけを三菱東京UFJ銀行が受け継ぐ事になったんですね。融資業務自体は他の業者が引き継ぎまして、現在も継続してモビットというブランドが残っています。

だから保証業務でモビットの名前があれば、三菱東京UFJ銀行がバックに居る、くらいの認識でOKです。今では融資の場合は他のグループが担当していますが、どちらもモビットというブランド名であり、そのサービスは昔同様に続いています。業務が分かれている感じですが、私達からすると平常通り使えると言っても差し支えないです。つまり、モビットの利用で意識する必要の無い事とも言えるでしょう。

何はともあれ、これがモビットと三菱東京UFJ銀行の関係になります。お役に立ちましたら幸いです。

【参考ページはこちら】
モビットは三菱東京UFJ?それとも三井住友銀行グループ?

三菱東京ufjの保証会社とモビットについて

モビットは、三菱東京ufjの前身となった三和銀行と、その関連会社のプロミスなどの消費者金融が出資して設立されました。その後、プロミスは三井住友銀行を中心とするSMBCに買収されます。三和銀行はMUFGの中心となる三菱東京ufj銀行に吸収されます。SMBCとMUFGは、日本でも最大規模の金融グループで、この二つの金融グループの共同出資の会社となるのです。
(⇒銀行がバックにいるのにモビットが借りやすい理由

その後、共同出資は廃止されることになります。そして2013年に会社が分割されます。モビットというと、個人向けの無担保ローンが主な事業ですが、この事業についてはSMBCが引き継ぐことになります。これに対して、MUFGは個人向けではなくて、銀行などの金融機関に対する保証業務を行う事業を引き継ぐことになります。個人向けの事業と保証業務との二つに分割されることになるのです。その後、MUFGはアコムと共同出資して新会社を設立し、この新会社にモビットの保証事業を吸収することになるのです。その後はさらに会社分割が行われて、分割された会社の株式をSMBCに譲り渡し、これによって完全にSMCの子会社となります。ここまでの流れを見れば、MUFGからSMBCへと移行したことになります。

三菱東京ufj銀行としては、もともとのモビットの保証業務を引き継いでいますが、それらは現在のところはアコムに引き継がれています。ですから、三菱東京ufj銀行と関連の強い銀行がカードローンを提供するときには、アコムが保証業務を行っています。このような流れでモビットは変化を経てきましましたが、このような内部の変化とともに表面的な部分での変化もあります。経緯を見れば分かる事ですが、MUFGの傘下からSMBCの傘下へと移行しました。これにともなって、「三菱東京ufj銀行系」と表記されていた部分が「三井住友銀行グループ」という文字に変わったのです。一般の消費者にとってすぐ分かる変化としては、この部分が大きいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.