三井住友銀行モビット金利は低いのか?

キャッシングベスト3

三井住友銀行モビット金利というのは他よりも低いのか

他と比べて大手の銀行グループの消費者金融っていうのはやっぱり有利な点が多いように見えます。独立している普通の消費者金融だと出来ないことが、例えば三井住友銀行モビット金利などを見ても有利なのではないか?と私は感じるのです。実際に他社比較などをすると、三井住友銀行モビット金利は他よりも低めに設定されているのでしょうか?

三井住友銀行モビット金利は低くなっているわけではない

大手の銀行系カードローンだとかなり金利が低く、そして安心して使えるということから人気になっていますけれども、モビットのように大手の銀行グループの消費者金融の場合はさほど金利が低くなっているわけではないのでしょう。三井住友銀行モビット金利というのはそこまで低くはないと思っておいたほうがいいでしょう。

もともと銀行とは全く違う形で貸出をしていたモビットなどの消費者金融ですが、ある時から銀行と提携をするようになります。(こちらも参考にどうぞ→モビットは三井住友銀行やコンビニでも借り入れができる?)銀行のグループに大手の消費者金融が入っていったわけですが、この時にはこの時も大手の銀行系になったからといって金利を下げたわけではありませんでした。他と横並びの状態だったのです。

それが今もまだ続いていて、三井住友銀行モビット金利を見てもさほど低くなっているわけではありません。それでも人気なのは金利は他と一緒だけれどもその分審査が甘いということもあったり、審査が甘いだけではなく借り入れをする場所が多かったり、提携しているATMが多くて使いやすいなどのメリットがあるのです。この辺りは独立系には真似できないところでしょう。

モビットについてはこういう金利以外の点がみんなから「いい!」と思われていると考えたほうがいいと思います。金利以外の点がいいので使う人が多くなっているというわけです。ただし、モビットも使い続けている人はかなり金利が低くなっていて、表示されている基本的な金利よりもかなり低くなっているということも特徴としてあげられます。

以上のようにモビットというのは金利以外の点で優れているのです。三井住友銀行モビット金利が低くなるのは長く使って始めて低くなるのです。

三井住友銀行モビット金利は他の消費者金融と比較しても低金利

近年においては若年層から年配者まで、幅広い年齢層で銀行や消費者金融からカードローンやキャッシングを利用してお金を借りることで、生活費を工面したり、急な用事に対する資金を調達することに抵抗感を持っている方は少なくなっていると言うことができます。銀行や金融機関からお金の融資を受けた際において、借り入れた金額に付けくわえて利息を返済する必要があります。銀行や消費者金融業者から借り入れた金額について付けられる金利は、1年間お金を借り入れた場合に借りた金額に対して付けられる割合で各金融業者において表示されています。

借り入れた金額を返済するときには、返済を行った金額はまず利息分に充当され、その後に借り入れ金額の元金に充てられることになります。一般的に、カードローンやキャッシングのサービスを提供している銀行や消費者金融業者の金利の設定方法は、借り入れた金額によって異なるもので、借り入れた金額が大きいと金利は低くなり、借り入れた金額が少ないと金利が高くなるように設定されています。また、借り入れができる金額は、契約者の過去の利用した実績によって借入れの利用限度額の枠が大きくなります。借り入れの実績は過去の返済期日を滞納することなくしっかりと返済が行われていることや、自己破産や任意整理などの金融事故を起こしていないことなどによって適用される利用限度額が増えて、それによって付けられる金利が低くなる設定となっています。

三井住友銀行グループの消費者金融であるモビットは、知名度が高く利用者の多いサービスと言うことができます。三井住友銀行モビット金利は4.8%から18%となっており、借り入れができる利用限度額は最大で500万円までとなっています。他の消費者金融業者のキャッシングサービスと比べても低い金利であると言うことができますし、モビットの特徴には審査のスピードが速いことも挙げることができます。三井住友銀行モビット金利は低金利で即日融資も可能で、利用しやすいキャッシングサービスと言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.