ローンにだいしモビットもあるそうですが?

キャッシングベスト3

ローンにはだいしモビットもあるそうですがどのようなローン?

だいしモビットと言うものがありますが、これはあの有名なモビットとはどこが違うカードローンなのでしょうか?

第四銀行から提供されているローンサービスです

まず、だいしモビットとありますがサービス提供をしている銀行は第四銀行となっています。なので、モビットとはサービスそのものが違うと判断して下さい。例えば、モビットでもそうですが、カードローンと言うのは個人向け小口融資となっておりますので、金額については早い段階で上限になってしまうようになっています。

ですが、だいしモビットの場合には解決スピーディーと言うサービスが用意されているように、高い金額で借入を希望されていても対応可能なサービスなのです。カードローンと言うよりは、金融業者からの融資として判断したほうがいいでしょう。メリットについては、安定した金利で高い金額の借入を1つのサービスだけで出来る点です。

一般的に今では総量規制があるので、だいしモビットのようなサービスを利用しないと100万円以上では借りられないようになっています。(こちらも参考になります→総量規制のあるモビットカードローンでの再借り入れ)実際にカードローンをされてみるとわかるのですが、多くの人は50万円で頭打ちとなっているのです。それ以上は要審査となっているのですが、だいしモビットは最初から100万円以上であっても提供できるようにサービスをしておりますので、高い金額でカードローンを希望されているのであればだいしモビットを選択となります。
(⇒第四モビットと通常モビットとの違いは何?

銀行と貸金業者提携カードローンだいしモビット

第四銀行は「だいしWillink」という、キャッシュとクレジット一体型の商品を販売しています。自社提携に限らずATM手数料が無料であることから、かなり使い勝手の善いカードローンとして重宝されています。その他にも様々な商品がありますので、自分に合ったものを選ぶことができます。更にスピーディーで審査を柔軟にした「だいしモビット」が発売されました。こちらは無担保保証人不要のキャッシング専用のカードローンです。愛称を「解決モビット」としています。貸金業者大手の一つである株式会社モビットとの提携によって実現したカードローンです。モビットが保証会社となっています。そのため貸金業者カードローンのメリットであるスピード審査と審査の柔軟性で提供されています。15時までの申し込みであれば当日中に審査の回答が得られ、融資実行も期待できます。

第四銀行に口座を持たない人でも利用可能で、来店不要。手軽さでも支持されていますが、総量規制の対象外となっていることもメリットです。そのため自分が収入を持たない主婦であっても、単独での申し込みができます。貸金業者のカードローンの場合には、総量規制の定めのため配偶者の同意が必要ですが、こちらであれば審査によって30万から300万円までの貸付限度額が設定され、大型の融資にも対応する限度額の大きさが魅力です。ただし新規の申し込みの際には限度額は200万円となっています。(こちらもご参考に→年収がいくらならモビットで200万円借り入れすることができる?

総量規制対象外という面ではモビットとの提携ではない第四銀行のカードローンも同様です。更に大型の融資や低金利を希望する場合にはこちらの選択が有効です。銀行でのカードローンの申し込みは、審査基準が高いものからはじめに申し込み、もしその審査に通過しない場合には審査が柔軟な商品を進められるというケースが多々あります。そういった場合には1回の申し込みとして処理されますので安心ですが、事前に相談窓口で詳しく話しを聞いておくのがおすすめです。それによって自分の状況とニーズに一番マッチした商品選びができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.