あきぎんとモビットの関係はどうなっている

キャッシングベスト3

あきぎんとモビットはいったいどういう関係なのですか?

地元のあきぎん、秋田銀行のことですけれどもあきぎんが扱っているカードローンの名前がなぜかモビットという名前になっているのです。あきぎんが勝手にモビットという名前を使ったとは考えにくいのですが、どういう関係なのでしょうか。なんだか怖くて使いにくいのですが…

あきぎんがモビットと提携をしているからこの名前になった

モビットという名前は大手の消費者金融の名前、これは誰もが知っていることではありますが、モビットという名前をあきぎんのカードローンも確かに使っています。モビットとあきぎんは実は提携をしているために、このような名前を使うようになっているのです。地方銀行では大手の業者などと提携して名前を使っている所は多いのです。

ちなみにあきぎんのカードローンはモビットという名前が付いているけれども、実は消費者金融ではなく銀行系カードローンになっているのです。銀行系カードローンというのはありがたいことで、総量規制に対しても規制されませんし、借り入れ金利もかなり低くすることが出来るのです。本家のモビットよりも借り入れの条件だけで見れば植田といえるでしょう。

もちろんこれはモビットが保証会社になっていて、実質的には仕切っているのがあきぎんだからこそできることです。モビットは保証だけをして、返済されなかった分だけを肩代わりをしているというわけです。ただ、このモビットとあきぎんの関係というのは近々終わるということになっていて、今後は別の保証会社に変わって名前も変わるそうです。系列としては同じ大手銀行系列の保証会社なのですが。

モビットという名前が使われているのを見ると、あきぎんとモビットの関係というのはどうなっているのか、誰もが気になるところだと思います。もちろんモビットの名前を勝手に使ったりしているわけではありませんから、あまり気にしすぎなくても大丈夫です。

今後は名前を本格的に変えて売り出しをするようですから、このような事にはならないと思いますが、他の地方銀行でも似たようなことがあっても保証会社をしているだけと思って間違いないでしょう。

安心して借り入れできる、あきぎんモビット

お金に困ったときには、消費者金融を利用するという方法があります。消費者金融といえば、何か怖いイメージを持ってしまいがちですが、決して損をするようなことはありません。それでも、どうしても不安がある方は銀行系の業者を利用すれば良いでしょう。その中でも、あきぎんモビットはかなり優れたローン商品です。秋田県で最も安定した基盤を持つ秋田銀行の商品ですから、何も問題になるようなことはありません。金利もたいへん有利であり、たとえば30万円の借り入れに対しては、年率14.8パーセントです。これが最大の利率です。

借入の極度額が上がれば、さらに金利は下がります。計画的に利用すれば、返済がなかなか終わらないようなことはない利率です。また、手間と時間がかからないこともメリットです。わざわざ秋田銀行へ出向く必要はありません。電話はもちろんのこと、FAX、さらにはインターネットで申し込み手続きが全て完了します。申し込みが済むと、審査に入りますが、これも時間はかかりません。数時間で終了し、結果が判明します。その結果はメールでも電話でも知ることが可能です。忙しい方でも不便になるようなことはありません。

また、秋田銀行の口座を保有していない方でも、何の問題もなく利用できます。お金は金融機関のATMで受け取ることができます。コンビニエンスストアのATMでも可能です。つまり夜中でも早朝でも利用できるということです。また、住宅ローンや自動車ローンとは違い、担保や保証人はいっさい不要です。保証会社の保証を受けることになりますが、過去の利用に問題がなければ、大丈夫です。収入に関しても、継続的に収入があれば良いと言う条件だけです。したがって、パートやアルバイトの方でも利用できます。使いみちも自由ですので、なにか欲しいものや生活費が足りないときなどにも、問題なく借りることができます。スピーディーな対応と簡単な申し込みは、困ったときにはありがたいものです。

【参考ページ】
他とはひとあじ違うモビットのサービスがもっと知りたい方はこちらへ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 やっぱりモビットが一番!?一万人の評価で選ぶカードローン All Rights Reserved.